art BLD.

所在地:東京都新宿区

主要用途:専用住宅+貸店舗+ギャラリー

構造:鉄筋コンクリート造

規模:地上3階 地下1階

延床面積:218.96m²

​写真:堀田貞雄

​掲載:LiVES VOL.98

受賞:GOOD DESIGN AWARD 2018

計画概要

築35年の店舗付き住宅の再生です。建主は不動産業を営む傍らでギャラリーを運営しながら自身も作家として活動しており、自分の住処であると同時にギャラリーの運営と店舗の経営ができる建物を必要としていました。

 

□用途

従前の所有者は地上1階から3階までを家族のための専用住宅として、地下1階を自身が経営する美容室として利用していました。建主の生活は自身と犬1匹のため住宅部分は地上2階と3階にとどめ、地上1階を貸店舗、地下1階を建主が運営するギャラリーに変更しました。 3つの用途は消防令8区画により区画することで、消防法上はそれぞれの用途が別棟としました。これにより、防災設備を最小限にしてコストを抑え、竪穴区画を不要にして独特の空間 をつくるなどを試みました。

□構造

旧耐震の建物であるため、構造的に不要な間仕切り壁をすべて取り払うことで建物全体を軽量化し、躯体への構造的な負担を減らしています。また、新設する壁はほぼ全てを乾式とした上で、新設する範囲も消防令8区画を形成するために設けた地上1階の貸店舗と住宅玄関の界壁と、3階の水回り部分のみに抑えています。

 

□既存のポテンシャルを活かす

既存建物をよく調べると、少し手を加えるだけで劇的に生まれ変わる可能性がたくさん隠れていることが分かったため、それらを最大限に活かすことを考えました。 たとえば周囲の木造戸建てと異なり RC 造による大きなスパンや耐火性能を持っている点に 着目し、間仕切りを取り払って 25 帖程度の大きなリビングダイニングキッチンをつくっています。また、階段室は従前では竪穴区画により壁と鉄扉で閉じられ上り下りだけの機能に縛られていましたが、消防令8区画により竪穴区画を不要にしたことで、間仕切り壁が取り払われて リビングダイニングキッチンと一体の空間になっているとともに、3層吹き抜けのダイナミッ クな空間に変化しています。

グラデーショナルな新旧による新築では得られない空間

建主は祖父の代から受け継いできた家具に、海外旅行などの機会に少しずつ買い足してきた、 自身が本当に良いと思うものに囲まれて暮らすことを望まれていました。また、前所有者も既存 建物を丁寧に施工させて長い間大切に扱い続け、今後もその状態が続くことを願っていました。 そこで、新旧を対比させるのではなく両者が混ざり合うような状態を作ることにしました。 たとえば内装の仕上げは新たに壁を設置して塗装した部分、デコボコした既存躯体や木毛版の 上に塗装だけ施した部分、既存の壁紙を表面だけを剥がした部分、壁紙を全て剥がして下地の モルタルを露出させた部分、その上から塗装した部分など、グラデーショナルに連続した新旧 がちりばめられています。そこに、建主が数年前に買った家具、35年前に施工された造作収納、 建主の祖父がずっと昔につくった棚などを配置しました。 このようにすることで、「本当に必要なものをきちんと作って長く使い続ける」という新旧の所有者に共通した想いをつなげることを試みました。また、既存建物には今の時代に新設する ことはコスト的・法的に難しい部分がたくさんあり、それらを活かすことで新築では得られな い建物を獲得することを目指しました。

© 2015 Aki Watanabe Architects

Photo by SADAO HOTTA PHOTOGRAPHY